代表的な5つのデザイン

代表的な5つのデザイン

代表的な5つのデザイン エンゲージリングの種類は、大きく分けて5つあります。例えば一番代表的な立て爪タイプは、ダイヤモンドが高く持ち上げられているので、ダイヤモンドの輝きを引き立たせます。脇石タイプは、ダイヤの他にメレダイヤをあしらったデザインのことです。
メレダイヤの色や大きさなどによって雰囲気が変わるので、オリジナリティを出したい人におすすめです。そしてダイヤモンドの周りを金属で囲んでいる覆輪タイプは、シンプルなラインが出せます。覆輪タイプ同様、埋め込みタイプも爪がないので、ひっかかりが少ないです。
最後にダイヤモンドを並べたエタニティタイプは、どの角度からでも煌めきを放ちながら、指先に華やかさを出してくれます。また、エタニティは「永遠の愛」を意味しています。ダイヤモンドが途切れることなく並んでいることから、そう言われるようになったそうです。エンゲージリングを選ぶ際は、身につけたいイメージを想像することが大切です。

エンゲージリングでプラチナが選ばれる理由とは

エンゲージリングでプラチナが選ばれる理由とは エンゲージリングは一生に一度の物だからこそ、デザインや素材にはこだわりたいと考えている方は少なくありません。エンゲージリングで使用される金属は様々なタイプがありますが、日本人に特に人気が高いといわれているのがプラチナを利用した指輪です。
そもそもプラチナが選ばれる理由の一つに、金属の中でも希少性の高さや見た目の美しさがありますが、他にも金属アレルギーが起こりにくい特徴を持っています。せっかく購入する指輪だからこそ、アレルギーを持っている人はどうしても素材選びで慎重になってしまいがちですが、この金属はアレルギーを起こしにくいので国内で最も選ばれている特徴を持ちます。
ただ他の金属と混ぜ合わせることで強度を強くしているため、混ぜ合わせる金属の種類を把握した上でアレルギー原因にならないか確認することも大切です。そして素材的に変質しづらい日常使いで指輪をつけっぱなしにしても問題がないことも人気の理由となっています。

新着情報

◎2021/5/7

代表的な5つのデザイン
の情報を更新しました。

◎2021/1/27

ケースにもこだわろう
の情報を更新しました。

◎2020/12/4

リングをつける指と意味
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「リング デザイン」
に関連するツイート
Twitter